アンエアンの成分解析【この成分がスゴイ!】

「長年悩んできたのが嘘のよう!」「肌に自信がもてるようになった!」と大好評のアンエアン。
口コミやSNSでその効果が爆発中です。

 

でもそんなに効果があるなら「危険な成分が入ってたりしないの?」なんて気になりますよね。
そこでアンエアンの成分を徹底解析していきます。

 

どんな成分がシミに有効なのか全てを暴露します!

 

アンエアンの有効成分

それではアンエアンがシミに効果がある理由を成分から解析してみましょう。

 

主要成分について

アルブチン(コケモモ)

アルブチン、厚生労働省でも認可されている医薬部外品美白有効成分です。
メラニンをつくる酵素の働きを阻害する作用によって、メラニンの生成を抑制してシミ・ソバカスができるのを防ぐ効果が期待できます。

 

カモミラエキス-1(カモミール)

保湿効果や肌を引き締める効果があり肌をしっとりみずみずしい肌に保ちます。

 

グリチルリチン酸2K

肌の炎症やアレルギーを抑える作用があるのでニキビ予防や肌荒れの防止に作用します。

 

POE(60)硬化ヒマシ油(トウゴマの種子)

非イオン系の安全性の高い界面活性剤で乳化剤としての役目をもち使い心地を良くするように配合されている。

 

マロニエエキス(セイヨウチノキ)

ひきしめ、血行促進作用と抗酸化作用を持ち合わせており肌を紫外線から守る作用を持っています。

 

オウバクエキス(キハダの樹皮)

抗菌作用や肌荒れ改善効果があり肌を清潔に保つことができます。

 

グリコシルトレハロース(トウモロコシ)

保湿作用があり肌をしっとり保つ効果が期待できます。

 

タイムエキス-1

保湿作用・抗炎症作用・収れん作用があり肌を引き締めニキビの予防・改善に効果が期待できます。

 

キウイエキス

ビタミンCが配合されているのでメラニンの生成を抑制するので美白効果が期待できます。

 

チンピエキス(ウンシュウミカンの果皮)

抗炎症作用や抗酸化作用によってメラニンの産生を抑え(チロシナーゼの合成を抑える)美白に効果的な成分。

 

プルーン酵素

プルーンには色素沈着抑制作用や老化を抑える効果が期待できます。

 

アンエアンの効果が期待できる成分は11種類あり全てが天然成分なので肌にやさしく使用することができます。
特にこの中で重要な成分と言えるのがアルブチンとキウイエキスをはじめとしたビタミンCです。

 

アルブチンもビタミンCも美白効果があると厚生労働省から認められる薬用にあたります。
ですが今までのシミ対策美容液にはその片方しか配合されていませんでした。

 

アンエアンは今までのシミ対策美容液の常識を覆しアルブチンとビタミンCの両方を配合。
つまり2倍の有効成分を配合していることになります。

 

なのでアンエアンは口コミやSNSで高い評価を得ているのです。

 

まとめ

アンエアンの成分について解説してきました。
アンケート結果で今までのシミ対策美容液に対して不満がある方が70%にも及んでいます。

 

その原因は、有効成分が単純に足りていなかったからなのです。
アンエアンはそのことに気づき2倍の有効成分を配合しました。

 

口コミでの高評価はもちろんのこと成分からみてもアンエアンが効果的なことはわかってもらえましたね。
今シミで悩んでいるならアンエアンの2倍の効果試してみてくださいね。

 

\アンエアンの2倍の効果がたったの2,490円キャンペーン中/
>>アンエアンの詳細はこちらアンエアン成分

ページの先頭へ戻る